オリンピック・国体 PR

日本の切手シリーズ!「東京オリンピック」「札幌冬季オリンピック」「東京国際スポーツ大会」!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

1964年東京オリンピック

1972年札幌冬季オリンピック

1958年東京国際スポーツ大会

記念して発行された切手は、

日本郵便史の特別なコレクションです。

 

各切手は、当時のオリンピック精神と

日本文化の融合を象徴し、

デザインと発行日から保存状態に至るまで、

コレクターや歴史愛好家に重要な価値を

もたらしています。

 

これらの切手は、

スポーツと芸術の美を兼ね備えた

日本の文化遺産として、

今なお高い評価を受けています。

 

そんな記念切手について紹介していきます。

この記事の著者
sirousagi

個人収集家としてこのブログを通して趣味の深さ、知識の共有、そしてコレクションの楽しみ方を伝えていければと思います。

オリンピック東京大会記念切手!

1964年の東京オリンピックは、

私にとって忘れられないイベントで、

その記念に発行された複数の記念切手は、

今でも私の宝物です。

 

これらの切手は、当時のオリンピック精神と

日本文化の融合を象徴するアイテムとして、

私のようなコレクターには高い評価にあたります。

 

デザインについては、柔道、レスリング、

バスケットボール、体操などの競技が

描かれているところが特徴です。

 

オリンピックが開催される前後に

段階的に発行されたこれらの切手は、

当時の切手の価値が額面価格と異なることが多く、

コレクターの間での需要や希少性によって

価値が決まっています。

 

カンガルー
カンガルー

1964年の日本は戦後復興の象徴として、オリンピックの東京大会を迎えていたんですね

 

この歴史的な瞬間を記念して発行された

切手を収集することは、

私にとってただの趣味を超えた情熱でした。

 

収集を始めたきっかけは、父の古いアルバムでした。

 

その中には、父が若い頃に集めた数枚の

1956年メルボルンオリンピックの切手がありました。

 

その切手の色鮮やかさと

デザインの美しさに魅了された私は

1964年東京オリンピックの記念切手を集める決心をしました。

 

収集を始めるとすぐに、その時代特有の困難に直面しました。

 

インターネットやSNSは存在せず

情報は郵便局や切手専門店

そして何よりも人との会話から得るものでした。

 

私は郵便局を巡り、切手専門店を訪れ、

収集家の集まりに顔を出しました。

 

それらの場所では、同じ趣味を持つ多くの人々と出会い、

情報交換を行いました。

 

1964年の東京オリンピック記念切手は、

その時代の日本の美術と技術の粋を集めたものでした。

 

新幹線や日本伝統のスポーツである相撲、

そしてオリンピックのシンボルである五輪のデザインなど、

多岐にわたるテーマがありました。

 

これらの切手を一つ一つ手に入れるたびに、

私は1964年の東京が世界に開かれ、

未来への希望を示した瞬間を感じることができました。

 

収集を通じて、私はただ切手を集めるだけでなく、

1964年のオリンピックが日本にとって

どれほど重要な意味を持っていたか

深く理解することができました。

 

また、収集家としての繋がりは、人との関係を深め、

新たな友情を育む機会となりました。

 

今日、1964年のオリンピック東京大会の記念切手は

、私のコレクションの中でも特別な位置を占めています。

 

それらは、技術革新と文化の融合、

そして人々の努力が生み出した歴史的瞬間を象徴しています。

 

私がこれらの切手を手に入れた時の喜びは、

今でも鮮明に覚えています。

 

それは、時代を超えた芸術と歴史の一部を

手にしているような感覚で、

私のコレクションに深い意味をもたらしてくれました。

 

この収集体験は、私にとって貴重な宝物であり、

それを通じて感じた情熱と喜びを、

これからも大切にしていきたいと思います。

 

札幌オリンピック冬季大会記念切手!

1972年、札幌で開催された冬季オリンピックの際

私はこの記念切手を手に入れ、

喜びをかみしめていました。

 

カンガルー
カンガルー
1972年の札幌冬季オリンピックは、日本が初めて開催した冬季オリンピックであり、この歴史的なイベントを記念して多くの記念切手が発行されました。

 

これらの切手は、当時のオリンピックの精神と

日本の文化が融合した独特なデザインで

知られていたからです。

 

札幌オリンピック記念切手のデザインは、

冬季オリンピックの様々な競技、

例えばスキージャンプ、アイスホッケー、

スピードスケート、フィギュアスケートを描いており、

オリンピックの開催に先立って、

または開催中に発行されました。

 

これらの切手の価値は、

コレクターの間での需要や希少性によって異なります。

 

特定のデザインや発行量の少ないものは、

特に高い価値を持っているようです。

 

1972年の冬季オリンピック

日本で開催された重要なイベントを記念し、

歴史的、文化的な価値を持っています。

 

札幌冬季オリンピック記念切手は、

1972年のオリンピックの歴史を反映するとともに、

日本の郵便史の一部としても重要な位置を占めています

 

これらの切手は、当時の日本の芸術的センスと

デザインの美しさを今に伝えており、

私のコレクションには計り知れない価値があります。

 

それは、時代を超えた文化の一片として、

私にとって宝物となっています。

 

札幌冬季オリンピック記念切手は、

当時の日本の文化、技術、そしてオリンピック精神を

今に伝える貴重なものとなっています。

 

これらの切手を通じて、1972年の冬季大会の魅力を

再発見することができました。

東京国際スポーツ大会記念切手!

カンガルー
カンガルー
東京国際スポーツ大会記念切手は、1964年の東京オリンピックに先駆けて開催された、1963年の東京国際スポーツ大会(プレオリンピックとも呼ばれる)を記念して発行された切手なんです。

 

東京国際スポーツ大会記念切手に関する情報は

以下の通りです。

 

ここにテキストを入力
概要と背景
東京国際スポーツ大会記念切手は、1958年に日本で開催された東京国際スポーツ大会を記念して発行されました。
この大会は、アジア各国からの選手が参加し、多くのスポーツ競技が行われました。
大会の成功は、後の1964年東京オリンピックの開催に向けた重要なステップとなりました。

デザイン
記念切手のデザインは、当時のスポーツ大会の象徴的なイメージや競技を表しています。
具体的には、陸上競技、水泳、馬術などのスポーツが描かれており、当時の日本のデザインセンスが反映されています。

発行日と価値
この記念切手は1958年に発行されました。
切手の価値は、その保存状態、希少性、コレクター間での需要によって異なります。
未使用の状態、または特に珍しいバリエーションのものは、高い価値を持つ可能性があります。

収集の重要性
東京国際スポーツ大会記念切手は、日本のスポーツ史だけでなく、郵便史においても特別な位置を占めています。
この大会が日本での国際スポーツイベントの発展に果たした役割を反映しており、歴史愛好家や切手収集家にとって貴重なものとなっています。

保存状態
これらの切手の価値は、保存状態によって大きく左右されます。
色褪せや破損がなく、糊付けされていない切手は、高い収集価値を持ちます。

 

東京国際スポーツ大会記念切手は、

日本の国際的なスポーツイベント開催の

歴史を伝える重要なアイテムであり、

そのデザインと文化的意義は

今日でも高く評価されています。

 

東京国際スポーツ大会記念切手は、

その時代の日本の社会的、文化的背景を

反映した芸術作品として、

また、国際交流と友好の精神を伝える歴史的な文書として、

非常に興味深く価値のあるコレクションとなっています。

まとめ

東京と札幌のオリンピック記念切手

および東京国際スポーツ大会記念切手は、

日本の歴史的なスポーツイベントを

祝うために発行されたものです。

 

デザインは各大会の競技を特徴づけ

コレクターや歴史愛好家にとっての価値は

保存状態や希少性に依存します。

 

これらの切手は、1960年代の日本の社会と

芸術を反映した貴重なコレクションアイテムとして

現代でも尊重されています。